嫌なものを見てしまった。読むといささか気分が悪くなりますよ。
7~80才年配のおじいさんが、コンビニのレジでごねていた。
そのせいでレジは混雑。大きな声で怒鳴っているので何をごねているかは良く判った。商品の交換をしろと言っている。
商品を買ったはいいのだが、求めていたものと違う、そこの棚に求めているものがあるので交換しろと言っている。
店員は交換には応じられぬといっている。差額は払うし問題ないだろうと食い下がるじいさん。店員はこう言っている。

STAP

兄と妹と連れ立って近所のパスタ屋へ。レジカウンターで「喫煙席、禁煙席のご希望はありますか?」と聞かれ、「喫煙席」と答える。
店長が探る様に「喫煙席は。。。」というと、横合いから元気な可愛らしい声で「あります」という答え。目のくりっとした可愛い女の子が「こちらへどうぞ」と案内してくれる。
名札には「○○萌 Beginner」とある。萌ちゃんは新人らしい。
席につき料理を選ぶさなか妹と「ありますはなかろう、空いてますだよね」と話をしていたら、萌ちゃんが注文を取りにきた。
兄は落ち着いた低い声でこう言った。
「STAP細胞」

おーまいがー!

いまや冬至を迎えなんなんとする季節ではないか!しかも私の部屋は常夏常磐ハワイアンセンターでもサマーランドでもなーい!

この冬はよれよれの布団になんとか私の知性を吸収させねばならない。その暁には、プレミアム布団から国宝級布団(よれよれ)になるであろう。そのよれよれと夏用をダブル使いするのはいかがですか?羽毛布団の3倍暖かくはない夏用布団を2枚重ねてその上に毛布を掛けていますが、これが意外に暖かい。暖かくなったら上から1枚ずつはげばいいいし。羽毛神話はたいしたことない!